女性が行きやすいと感じる美容院とは

女性がまた行きたいと思う美容室とはどんな美容室?雰囲気・接客態度・値段どんなところを重視する? - 女性が行きやすいと感じる美容院とは

女性が行きやすいと感じる美容院とは

yliyfuf
 街を歩けばいたるところに美容院をみつけることができます。行きつけの美容院がなく、クーポンなどを利用してはコロコロ店を変えている利用客も多いため、店側は、固定客を得るために様々な思考を凝らしています。女性が気に入って、何度も足を運びたくのはどのような美容院でしょうか。

手ごろな値段

 中には有名なスタイリストに切ってもらいたいなど、ステータスを求めている女性もいますが、世の中の圧倒的大多数の女性は、なるべくお金を掛けずにキレイになりたいと考えています。高いお金を払って有名なスタイリストに切ってもらうよりも、手軽に、気軽に行ける美容院を選びます。技術や仕上がりも意識しますが、サロンを選ぶのに、料金も大きな判断基準になります。
 どこの美容院も、初回価格は低めに設定されていることが多いです。2回目、3回目以降も来てもらえるようにと、次回の割引クーポンも渡しています。ですが、そのクーポンは使われないまま、客は違うサロンに行ってしまうこともあります。理由は、クーポンの期限がきれてしまうからです。ほとんどのクーポンは、機嫌を来店日から2ヵ月程度に設定しています。髪を伸ばす傾向があったり、ちょっとズボラだったりする人は、2ヵ月なんてスパンでは美容院には行きません。割引が使えなくなった店に再度行くより、新規で新しい美容院に行く方がお得だからです。

きれいでオシャレなサロン

 掃除が行き届いておらず、鏡や台、棚、壁の装飾品にホコリがのっていることがあります。どんなに店の雰囲気に気を使っていても、ホコリがのっているようでは清潔感に欠けますし、従業員の意識が低く見られてしまいます。カットして床に落ちた髪だけでなく、空間の上の方にも気を使うようにしましょう。
 あまりにも個性的で奇抜なサロンは、敬遠されたり、一部の客受けがいいだけになったりしてしまいますが、適度な個性とオシャレ感は大切です。その美容院ならではの雰囲気や色が気に入れば、客は「また来たい」と思うのです。

美容師の雰囲気

rthrts

 美容院の雰囲気に大きく関係するのが美容師です。美容師の対応次第で、客は次も来るか、違う店にするか、決めてしまうことがあります。
 それぞれの客に合わせた対応が大切です。やりたいスタイルを既に決めてから来店する人もいますが、迷ったまま来る人だっています。流行や客の意見を取り入れながら、ある程度アドバイスをしてあげると、「この美容師さんは頼りになる」「親身になってくれる」と思ってもらえたらうれしいですね。アドバイスをする際には、強引にならないよう、あくまで提案という形で話をしてください。
 美容師自身もある程度は身なりに気を使う必要があります。センスのなさそうな人に、あれこれアドバイスや提案をされても素直に受け入れられません。従業員の雰囲気は、サロンの雰囲気に直結しています。従業員が店をつくっているということをお忘れなく。

行きやすい美容院

 世の大多数の女性は、値段が手ごろで、ある程度オシャレでその美容院独特の雰囲気があり、気に入った従業員がいれば、その美容院に行きやすいと感じます。行きやすい美容院には、特別な事情が無い限り、定期的に何度も足を運ぶよういなります。
リラックスした時間が過ごせることが大切です。従業員が楽しく働くことができていなければ、客も居心地がいいとは感じません。店をきれいに、オシャレにするのと同時に、従業員自身も自分を磨いていく必要があります。
美容室はTAYA.NET
■http://tayanet.jp/

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

美容院情報

固定ページ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

△PAGE TOP